So-net無料ブログ作成
検索選択

子供のころの夢

今時の日本では、子供が夢を見るのも難しくなっているようですが、
まあしかし、エネルギーのもととしての夢がなくとも
なんとか生きていけるもんです。
その夢が叶うことはあまりないでしょうから、
そういう意味では夢はなくてもいいのかもしれません。
いや!子供のころに抱いた夢をずっと追い求めるのがいいんだ!
そういう考えもあります。
ただ所詮は子供の見る夢です。
人生経験を積んでいくうち、
やっぱり自分にはこっちの方があっているし、意味あることのように思える、
そんな仕事に出会えるかもしれないわけです。
そんな仕事に出会ったにもかかわらず、
子供のころの夢を優先させるのは馬鹿げているように思えます。
なぜなら子供の自分が大人の自分を操っていることになるから。
夢を諦めるのはよいことではありませんが、
夢を改善していくのはよいことでしょう。

とはいうものの、子供にとって夢はあるに越したことはありません。
それがあらゆる場面でのやる気につながるでしょうから。
子供が夢を持てるようにするには、
われわれ大人が希望に燃えて楽しそうに生きていなければなりません。
でもそれがなかなか・・・難しいのですね。
そうなんです。じつは子供の夢を心配するより、
われわれ大人が夢や希望を持って生きられるかを
心配すべきなんです。
大人が活力に溢れていれば、子供は自然と人生に希望を持つものです。
教育は子供に語りかけることではなく、
子供に見せる部分が大事なのかもしれませんね。



共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。