So-net無料ブログ作成

子供のころの夢

今時の日本では、子供が夢を見るのも難しくなっているようですが、
まあしかし、エネルギーのもととしての夢がなくとも
なんとか生きていけるもんです。
その夢が叶うことはあまりないでしょうから、
そういう意味では夢はなくてもいいのかもしれません。
いや!子供のころに抱いた夢をずっと追い求めるのがいいんだ!
そういう考えもあります。
ただ所詮は子供の見る夢です。
人生経験を積んでいくうち、
やっぱり自分にはこっちの方があっているし、意味あることのように思える、
そんな仕事に出会えるかもしれないわけです。
そんな仕事に出会ったにもかかわらず、
子供のころの夢を優先させるのは馬鹿げているように思えます。
なぜなら子供の自分が大人の自分を操っていることになるから。
夢を諦めるのはよいことではありませんが、
夢を改善していくのはよいことでしょう。

とはいうものの、子供にとって夢はあるに越したことはありません。
それがあらゆる場面でのやる気につながるでしょうから。
子供が夢を持てるようにするには、
われわれ大人が希望に燃えて楽しそうに生きていなければなりません。
でもそれがなかなか・・・難しいのですね。
そうなんです。じつは子供の夢を心配するより、
われわれ大人が夢や希望を持って生きられるかを
心配すべきなんです。
大人が活力に溢れていれば、子供は自然と人生に希望を持つものです。
教育は子供に語りかけることではなく、
子供に見せる部分が大事なのかもしれませんね。



共通テーマ:仕事

13歳のハローワーク

子供に世の中どんな仕事があるのか見せてあげるのは
大事でしょうね。
そうしないとなかなか自分の将来をイメージできないでしょうから。
私たちの頃はもっぱら教育テレビにお世話になった気がしますが・・・
世の中には、何歳になっても自分の就きたい職業を見つけられない人もいれば、
ごく小さいうちから具体的な職業を目指して努力している子どももいるものです。
「13歳のハローワーク」という本が世に出たのをきっかけに、
子どもに対する職業教育のあり方が注目されることとなりました。
「13歳のハローワーク」というのは、
子ども向けの職業教育を目的とした村上龍氏の作品です。
この本には、一般的な職業からあまり知られていないやや特殊な職業まで、
さまざまな職業について、仕事内容の紹介や、
その職業に就くための方法などが書かれています。
「13歳のハローワーク」のインターネット公式サイトというのもあります。
このサイトでは、自分の好きなことから職業を検索することが可能です。
「好きなこと」の例には、「花や植物」「音楽」「文章」「旅行」といったものから、
「心のことを考える」「ケンカ」「賭け事や勝負事」などというようなものまであります。
インターネット版「13歳のハローワーク」には、
質問などを扱うフォーラムがあるほか、メールマガジンや編集部によるブログなどもあり、
子どもたちがいろいろなやり方で「参加」することができるよう工夫されています。
職業選びに役立つ推薦図書の紹介などもあります。



共通テーマ:仕事

職業を選べるか

つまり選択の余地はあるのかということですね。
われわれ第2時ベビーブーム世代は、
数が多い上にバブル崩壊直後に社会に投げ出されましたので
そんなに贅沢は言ってられませんでしたが、
今の子供は少子化時代の世代になりますので、
ライバルが減ってのびのびできるかもしれませんね。
社会的負担がどうなるかはまた別の問題ですが。
子どもの職業教育とは、いつ頃から始めれば良いものなのでしょうか?
フリーターが増え、「ニート」と呼ばれる人たちの割合も増加傾向にあるなかで、
子どもへの職業教育のあり方が今注目を集めています。
少し前には「13歳のハローワーク」という本が、話題になりました。
「13歳のハローワーク」というのは、
子ども向けの職業教育を目的とした村上龍氏の作品です。
この本には、一般的な職業からあまり知られていないやや特殊な職業まで、
さまざまな職業について、仕事内容の紹介や、
その職業に就くための方法などが書かれています。
「13歳のハローワーク」の公式Webサイトでは、
自由な切り口で職業を検索することができます。
職業はそれぞれ、自然と科学に関するもの、アートと表現に関するもの、
スポーツと遊びに関すること、生活と社会に関するもの・・・・・
といった具合にジャンル分けされています。
「13歳のハローワーク」がベストセラーとなって以来、
「自分の好きなことを職業にしたい」という考え方が広まりつつあるようです。
就業形態が多様化する現代社会のなかで、
職業に対する考え方や意識も、
次第に変化していくものだということができるかもしれません。



共通テーマ:仕事

親の影響

子供が自由に夢見ているようでも、
それはじつは親が刷り込んだものに過ぎない、
そんなケースが多いと思われます。
例えば弁護士になりたいなんて言う小学生がいますが、
小学生に弁護士の何が面白いのかわかるはずもありません。
こういうのは親に常々言われていることを
いつのまにか自分自身の考えだと思い込んでしまった例でしょう。
子どもたちが、具体的な「職業」に就きたいと考え始める時期には、
かなりの個人差があるものです。早くから目標が決まっている子もいれば、
いくつになっても決められないというケースもあります。
少し前に話題になった本に、「13歳のハローワーク」というものがあります。
「13歳のハローワーク」というのは、
子ども向けの職業教育を目的とした村上龍氏の作品です。
この本には、一般的な職業からあまり知られていないやや特殊な職業まで、
さまざまな職業について、仕事内容の紹介や、
その職業に就くための方法などが書かれています。
「13歳のハローワーク」の公式Webサイトでは、
自由な切り口で職業を検索することができます。
職業はそれぞれ、自然と科学に関するもの、
アートと表現に関するもの、スポーツと遊びに関すること、
生活と社会に関するもの・・といった具合にジャンル分けされています。
「13歳のハローワーク」がベストセラーとなって以来、
「自分の好きなことを職業にしたい」という考え方が広まりつつあるようです。
就業形態が多様化する現代社会のなかで、職業に対する考え方や意識も、
次第に変化していくものだということができるかもしれません。



共通テーマ:仕事

ニート

ニートというと、教育を受けているでもない就職しているでもない
そんな存在を言うそうですが、これが問題になっているそうですね。
どうも私は、何が問題かよくわからないのですが・・・・・
ニートとして働かずとも生活できるのならそれでいいじゃないかとも思えます。
今時の人を人とも思わない企業なんかに勤めてぼろぼろにされるのに比べれば、
はるかに人間らしく生きられるんじゃないかと。
ま、それだけの経済的余裕があればの話なんですが。
人が「職業」というものを意識するようになるのは、いつ頃でしょうか?
大学で就職活動を始める頃でしょうか?
「13歳のハローワーク」という本がきっかけとなり、
近頃では、もっと早い時期に子どもに職業というものを教えようという考え方が
広まりつつあるようです。
村上龍氏の著作である「13歳のハローワーク」は、
幻冬社から発売され、発売と同時に大きな反響を呼び、
大ベストセラーとなった本です。数多くのメディアによって取り上げられ、
また、たくさんの小中学校・高校などで教材として採用されたことでも話題になりました。
「13歳のハローワーク」の公式サイトでは、職業検索機能を使うことができます。
紹介されている職業は、「スポーツと遊びに関する職業」や、
「旅と外国に関する職業」などのジャンルに分けられていますが、
特に好きなことがないという場合のための「特別編」も用意されています。
「13歳のハローワーク」の公式サイトは2005年の10月に始まったもので、
まだ新しい試みと言うことができるかもしれません。
今後はさらにコンテンツが充実する見込みで、子どものためだけでなく、
教育者や親のためのフォーラムの開設なども予定されているようです。



共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。